介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

詳しく見る

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

詳しく見る

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。

詳しく見る

男性

医療関係の仕事を得るには

医療事務の資格は、何十種類もあるため、自分の希望する業務に必要な資格を取得することが大切です。専門性が高く実務経験を積めば転職しやすい特徴があります。また、就職しやすいことと比較的取得しやすくやり甲斐もあります。

詳しく見る

女の人

様々な資格取得が可能です

医療系の学校は近年人気を集めています。手に職をつける事ができることから、一生従事できる職業への就職ができるのも人気の理由の一つです。医療の専門学校の場合には、複数の学部や学科から構成されているため、自身が仕事をしたいと考える資格の取得が出来るところを選択することをおすすめします。

詳しく見る

看護師

診療の補助をするには

将来看護の道に進むには2つの方法があります。一つめは看護師になる方法で、もう一つは准看護師になる方法です。いずれにおいても専門の養成学校を出て、試験に合格し、資格を得なければ業務を行うことはできません。

詳しく見る

カウンセリング

産業カウンセラーを目指す

臨床心理士の次によく知られている資格が産業カウンセラーです。大学に行かなくてもセミナーに通うだけで受験に合格すれば取得できます。しかしセミナーに通うのであれば、心理学の知識を少しでも持っておいたほうが勉強しやすくなります。

詳しく見る

介護

取得までの道のり

介護福祉士の資格取得には大きく分けて、養成施設の卒業と3年以上の実務経験を積むことの2つを挙げることが出来ます。どちらの方法が良いと一概に言うことは出来ず、専門的な知識を学びたい場合は養成施設の卒業を、すぐに働きたい場合は実務経験を、というように自分に合った方法を選ぶことが大切です。

詳しく見る

介護

医療関係の仕事

介護に関わる資格は、国家資格から民間資格まで、数多くあります。ですから、介護の仕事をするなら、自分に何が必要なのか、どんなルートで取得するのが一番いいのかをよく考え、費用の面も考慮して決めることが重要です。

詳しく見る

メンズ

かかわりたいを仕事に

介護福祉士をはじめ実務者研修、初任者研修と様々な資格があり、色んな学校・団体が研修を実施しています。既に取得している資格や修了している研修によって受講時間の免除や受講料の軽減があります。通学制だけでなく通信制もあるほか、様々なサポート体制を整えていることもあり自分に合ったところを選ぶといいでしょう。

詳しく見る

老人

社会福祉専門職の1つ

社会福祉専門職の中に介護福祉士という国家資格があります。それは3年の実務経験と実務者研修を修了することで受験資格を得ることができます。介護を必要とする人が安心して日常生活をすごすことができるように、この資格を持つ人を必要とする人がたくさんいます。

詳しく見る

転職を力強くサポートする

OL

食いっぱぐれる心配がない

少しでも給料体系や職場環境のいい会社に転職をしたいと考えるのは別に変わったことではなく、むしろ自然なことです。自分の能力に自信があるのであれば思い立った時にするアクションを起こすべきですが、そうでないのであればきちんと入念な準備をした上で行動をした方が無難です。転職をする時にぜひとも持っておきたいのが資格であり、そのなかでも特におすすめなのが医療事務の資格です。なぜ医療事務がいいのかと言うと、この資格を持っている人に対する需要がかなり高くて引く手あまただからです。都心や地方を問わず、日本国内にはかなりの数の病院があり、その数はコンビニエンスストアの二倍以上になるというデータもあるくらいです。当然、病院があるところには医療事務に対する需要があるわけで、日本全国どこに行ったとしても就職をしやすいのが医療事務の大きな魅力です。そして、これだけの数の就職先があるということは裏を返せば自分の希望する環境の職場が見つけやすくなるという意味にもなります。

二通りの道のりがある

医療事務の資格を取得する道のりは大きくふたつが考えられます。まずは専門学校に通って勉強をするという道のりです。一般的な学生のように校舎まで足を運び勉強することでリズムが作りやすく、コンスタントに学習時間を確保できますから確実に合格に近づいていけます。また、勉強をするなかで分からない部分があった時にすぐ講師の人に質問をできるのは効率よく知識をインプットする際にはとても重要です。また、通信教育に申し込み、送られてきたテキストを使って勉強をするという道のりもあります。この方法のメリットは時間に融通が利くという点です。専門学校に通う場合と違って時間割というものがありませんから自分の好きな時に勉強できます。仕事が忙しい日は復習を軽くする程度にして時間のたっぷりとれる週末にガッツリ暗記をする、といった生産性の高い学習が可能です。いま現在やるべき仕事があって、それと両立しながら勉強をしたい人にはこちらがおすすめです。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。