取得までの道のり

介護

具体的な取得方法

介護における資格としては介護福祉士が代表的であり、就職の際にもこの資格の有無が問われることが多いです。それでは介護福祉士の資格を取得するためにはどうすればよいのでしょうか。大まかな方法として2つ挙げることが出来ます。まず1つ目は専門的な教育を受けられる養成施設を卒業することです。養成施設とは、具体的には短期大学や専門学校が挙げられます。これらの学校を卒業すると同時に介護福祉士の資格を得ることが出来ます。2つ目の方法は3年以上の実務経験を積むことです。一般的には資格がなければ介護の仕事は出来ないと考えられることが多いのですが、実は資格がなくても介護の仕事は行えます。未経験者を募集しているような介護施設で3年以上働くことで国家試験を受けるための資格が得られるので、後は試験に合格すれば介護福祉士になることが出来ます。それではどちらの方法が良いのでしょうか。これは一概にどちらが優れているというものではなく、自分がどうしたいのかを基準に方法を選択することが大切です。例えば、専門的な知識をじっくり学んでから仕事をしたいという場合には養成施設の卒業が、すぐにでも実際に働きたいという場合には実務経験を積んでから資格取得に挑むのが良いでしょう。ただ、出来る限りお金をかけたくない場合は実務経験を積むのがオススメです。実務から学ぶことは多く、さらにお金も貰えるので一石二鳥です。また介護施設によっては介護福祉士の資格取得をサポートしているところもあるので、スムーズに資格を得ることが出来ます。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。