社会福祉専門職の1つ

老人

介助を行う専門家

介護の資格の中で国家資格となっているのが、介護福祉士というものです。介護福祉士とは、社会福祉専門職の介護に関する資格です。お年寄りや障害を持つ人など介護を必要とする人がスムーズに日常生活を送ることができるように、介助や介護者からの相談を受け、アドバイスをするほか、精神面でも対応する立場となります。もし介護福祉士の資格を取るのであれば、3年の実務経験と実務者研修の修了をしなければ受験資格を得ることができません。3年の実務者経験はわかりますが、もう1つの実務者研修とはいったい何なのか、それを知らない人は意外と多くいます。実務者研修は通学又は自宅学習で受講することが可能となっています。つまり講習や自主学習で必要となる科目を受講しなければならないことなのです。通学となれば医療ケアにつながるスキルをしっかりと身につけていくことができ、実践的に学習することができます。自宅学習となれば自分のペースで学習することができます。人によってはスケジュールにあわせることができるように、通学と自主学習をあわせて学習する人もいます。そのようにして必要科目を受講することで、実務者研究を終了することができます。実務経験と実務者研修を修了することができれば、受験資格を得ることができ介護福祉士取得のための試験を受けられます。高いハードルとなる資格かもしれませんが、資格を取得することができれば介護のエキスパートとなり、介護を受ける人から強い信頼を得ることができます。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。