診療の補助をするには

看護師

2つの資格があります

病気やけがをしている人のお世話をしたい。そのために将来、看護の道に進みたい、そう考えている人もいると思います。しかし、そのためには資格を得なければなりません。看護の資格には主に2つあります。一つめは看護師の資格で、これは厚生労働大臣の許可を受けて、傷病者などの療養上の世話を必要とする人たちに対し診療の補助を行うことができるものです。この資格を得るためには高校を卒業した後、専門の養成学校で学び、その後試験を受け、合格することが必要です。もう一つは、准看護師の資格です。こちらは都道府県知事の許可を受けて、医師などの指示に従いながら診療の補助を行うことができます。この資格を得るには中学を卒業した後、看護科のある高校などいった専門の養成学校へそのまま進むか、または、高校を卒業した後に2年間の専門の養成学校へ進み、その後試験を受け合格することで資格を得ることができます。

2つの違いは何でしょうか

では、2つの資格の違いは何なのでしょうか。それは、医師などの指示に従って業務を行うかどうかにあります。看護師の場合は国家資格で、医師などの指示なしで業務を行うことができますが、准看護師の場合は国家資格ではなく、法律において医師などの指示に従ったうえで業務を行わなければなりません。また、看護師のほうが収入の面においても優遇されており、資格の取得後も、さらに専門の学校において一定の教育課程を修めることにより、認定看護師の資格を得られるなどのステップアップを図ることも可能です。ただ、早くからその道に進みたいと思う人もいると思います。資格には年齢制限はないので、中学卒業後に専門の養成学校を出て資格を得れば、仕事に就くことができます。もちろん、その後もさらに専門の養成学校を出て、資格試験に合格すれば、最短でも20歳頃には看護師の資格を得ることができます。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。