医療関係の仕事

介護

取得方法と費用の違い

介護に関わるための資格は、数多くあります。その内容も、取得困難な医療関係の国家資格から、持っておくと便利な民間資格まで、多岐に渡ります。ですから、介護に関する資格を取るなら、まずは自分が何を取りたいのか、あるいは何の資格が必要なのかをはっきりさせ、それに向けた的確な準備や学習をする必要があるのです。そして、資格取得のための勉強方法も、状況により様々です。例えば介護の代表的な資格の一つである「介護福祉士」を取得するなら、福祉系高校か養成施設に通うか、実際の介護現場で実務経験を積みながら勉強をして、試験を受ける必要があります。そのかかる期間も、最短90日程度から3年程度までとかなりの幅がありますから、まずは自分のスタートラインがどこか、自分がどのコースで資格取得に至らなければならないかを把握しておきましょう。そして、もうひとつ重要なのが、かかる費用の問題です。これも介護福祉士を例にすると、まず全員が必要なのが受験費用の10,650円です。そしてそれぞれ、実務ルートなら約5万から20万の実習費用が、福祉系高校なら学校ごとの学費が、養成施設ならその学習機関や種別により、約200万から400万の費用がかかるのです。選ぶルートによって、かなりの金額の違いになります。ですから、介護系の資格をできるだけ無駄なく取るには、なるべく早めに進むべき道を決め、それに沿った資格取得計画を立てるのが最も良いと言えます。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。