産業カウンセラーを目指す

カウンセリング

大学に行かなくても取れる

心理学関連の資格で臨床心理士の次によく知られているものが、産業カウンセラーです。臨床心理士は大学院まで出なければ取得できない資格ですが、産業カウンセラーは大学院や大学に通わなくても、セミナーで必要単位を取ることができれば受験することができます。最近では大手の企業など、心のケアに取り組むことができる専門家を導入するケースが増えており、産業カウンセラーの資格を取ろうとする人も増えています。簡単に取ることのできる資格ではないかもしれませんが、人の心のサポートになりたいという人が増えており、勉強して取ろうとするためにセミナーを受講する人も増えているのです。現代では精神的に病む人も多くなり、心のケアに取り組むことができる人が必要とされています。

事前の予習は大事

もし産業カウンセラーの資格を取ろうと考えながらも、最終学歴が高校や専門学校で心理学にほとんど触れたことのない人は、セミナーに通おうとする前に少しは心理学関連の本を読んで知識を持ってから挑むほうが良いかもしれません。心理学を学ぼうとする人の多くは「人の心を読むことができる」と思うことがあります。しかし心理学を理解すればするほど、人の心を読むことなどほとんどできず、相手の話を聞くことで相手を理解しようと努力することができるということがわかってきます。思い込みから始めるのではなく、事前の予習をすることで勉強がはかどりやすくなり、受験に合格しやすくなります。1冊本を読むだけでも良いので、事前の学習は行なっていたほうが良いかもしれません。

PICK UP

介護士と女の人

技術の高さも必要になる

医療系の大学に進学するのは正しい選択ですが、学校選びには注意しなければいけません。講義だけでなく実習の時間も多く取られているか、自分の取得したい資格が取得できるかに注意して選んでください。また、自分の納得したところに就職するためにも卒業後の進路も見ておくべきです。

ナース

試験に立ち向かえ

就職に有利なことで資格取得に注目が集まっていて、多くの女性が看護師資格に関心を持っています。看護学校は、最短期間で看護師に慣れるので人気があります。模試を受けることで、入学試験や資格試験を安心して望むことができます。

看護師

看護師を目指す人は多い

看護学校に入学するには、学科試験と面接試験を受ける必要があります。中でも最近では、面接がとても重視されています。というのも、看護の仕事は患者への思いやり、気遣いが不可欠だからです。面接では、直接話すことで、受験者の性格、人間性を把握できます。なので、きちんと準備しておく事が大事です。